その菫は、物語の鍵となる…【mille-feuille☆フルーリール フルール】コラボレーションのお知らせ

c0278338_15093182.jpg
自主制作本と手紙用品の「mille-feuille(ミルフィーユ)」さんからご依頼いただき、スミレの砂糖づけの耳飾りを制作いたしました!

mille-feuilleさんの新作小説『カルミラ族の末裔』にキーアイテムとして登場するスミレの花。
儚げなスミレの花姿をイメージして、この小説の為だけにデザインした耳飾りです。

この耳飾りと『カルミラ族の末裔』をセットにして、5月7日開催の『文学フリマ東京』にて販売されるそうです。
(スミレ耳飾り2種、各10セットずつ)
詳細はmille-feuilleさんのブログをご覧下さい→コチラ
c0278338_15113354.jpg
すらりと伸ばした花茎、その先にうつ向き加減に開く花弁。
花部分のみ砂糖づけ加工を施し、茎の部分はそのままなので、より華奢な雰囲気です。

最近は長めのチェーンが揺らめくデザインのピアスをよく見かけますが、それとはまた一風変わった耳飾りです。
茎(ワイヤー)の先端はきちんと保護をして、髪に絡まりにくく、肌に擦れても傷は付きにくいようにしました。


スミレは茎から下に、うつ向くように咲くのが印象的な花です。
この小説の中でも「菫の横顔」という章があります。
mille-feuilleさんからご依頼頂いた時、その花姿を特に大切にしたいという意思を強く感じました。

私はこの小説を未読ですが、それだけこの小説の中でスミレは重要な役割なのでしょう。
こちら側からご提案したデザインに対しても、ご自身のイメージを強く持っていらっしゃったので細かく修正を頂けたのもその証拠です。
mille-feuilleさんから頂く修正案に、なるほど…と感嘆しながら作業をすることができました。

私一人では生まれない、誰かと一緒だから生まれるモノというのは…
とても刺激的な奇跡です‼
側で見ていた家族も、「いつものお前とは違うデザインだな」と興味津々で眺めていたほどです。
c0278338_15122862.jpg
今までお受けしたセミオーダーは全て個人様のもので、モノ作りしている作家様からのご依頼…コラボレーションは初めてのことです。

セミオーダー自体をお休み中でしたが、ご依頼内容と納品期限に余裕がありましたのでお受けしました。
アトピーの症状のことで制作に少し不安がありましたが…
メールでやり取りしていく中でお受けして良かった!やりがいがある!とモチベーションが上がりましたので、結果的に本当に良かったと思っています。

mille-feuilleさんからは、「勇気を出してお願いしてよかった」とメッセージを頂きました。
私もmille-feuilleさんに勇気を出していただいて、良い体験が出来ました!本当に嬉しい‼
c0278338_15134844.jpg
付属の取扱説明書とショップカードはお手製ミニタッセル付きのおめかしバージョン♪

mille-feuilleさんが参加される『文学フリマ東京』の会場は東京流通センター(第二展示場)。
最寄り駅は、東京モノレール「流通センター駅」。
東京流通センター自体がいくつかに分かれた大きな建物なので、会場を間違えないように気を付けて下さいね。
東京流通センターアクセス情報↓
https://www.trc-inc.co.jp/access/
文学フリマ東京↓
http://bunfree.net/?%CA%B8%B3%D8%A5%D5%A5%EA%A5%DE%A4%C8%A4%CF

5月7日は、世間的にはゴールデンウィークにあたるのかな?
様々な年代・ジャンルの文学・物語・創作物にたくさん出会える機会です!
ぜひ皆様もお出かけくださいね♪
……………………………………………………………
『フルーリール フルール』ネットショップ

ご感想、リクエストなどは
お気軽にコチラのフォームからお問い合わせください。
皆さまからのメッセージが制作の励みです…いつもありがとうございます!

【ブログランキングに参加しております♪】
記事を楽しんで頂けましたら以下のクリックをお願い致します。
●様々なジャンルのブログを検索できて便利!➡にほんブログ村
●横浜赤レンガ倉庫の手作りクリエイターが集うイベントでお世話になりました→手作り市場 あ〜てぃすと

ツイッター・インスタグラムやっています。フォローよろしくお願いします♪
【Twitter】
https://twitter.com/fleurirefleur?s=09
【Instagram】
https://instagram.com/mariyo_fleurirefleur
[PR]
by fleurirefleur | 2017-04-26 15:03 | お知らせ | Comments(0)
<< 陰の花、陰の時。 私の愛し子…スズラン花弁は手が... >>